会心(かいしん)笑顔(えがお) 玉姫(タマキ)/Smile of Satisfaction, Tamaki》 節を編集

種別合理体ワールドジスフィア
レベル4コスト0属性聡明
竜魂
パワー9000オーラリミット3
ロジックL +2盟約者小玲テリトリー
【自】このメンバーの防御中にあなたの「竜を抱く雲海」がバトル領域に置かれた時、そのバトル中、このメンバーにパワー+3000。
【ロジックドライブ】[③] あなたのすべての<聡明>を選び、そのターン中、『 【自】このメンバーのバトル中にあなたの戦術がバトル領域に置かれた時、そのバトル中、このメンバーに+◇。』を与える。さらに、あなたのドロップに戦術が5枚以上あるなら、追加でカードを1枚引く。

 Growth&Genesisで登場したレベル4・ジスフィア合理体

 防御時に《竜を抱く雲海》バトル領域に置くことで、パワーが上昇する自動能力と、聡明?バトル中に戦術バトル領域に置かれる度にオーラを上昇し、ドロップ戦術が5枚以上あれば1ドローロジックドライブを持つ。

 オーラ勝負を仕掛ける際、オーラが+1されること自体は誤差のように見えるが、逆理分を含めると+2されるのでオーラロジックを1枚ロジック定義されただけでは防がれなくなる。
 また、相手逆理ロジック定義した場合でも、相手にオーラロジックを1枚要求できる。
条件となる戦術《拳で語る》《108のレパートリー》等のオーラ上昇の戦術を採用すれば、単純なオーラ勝負で負けないだろう。

 自動能力パワーが上がるが、上昇して12000なのでソウル分が加算されるパワー10000のメンバー相手には分が悪い。
 パワー9000相手であればソウルの加算を含めても優位をとれるが、《未完の大器 小玲》《大慌ての 玉姫》等でパワー上昇してやりたい。
 ただこちらが防御逆理を使うという前提から、相手逆理を使って相殺されなければパワー上昇に意味が無くなる。
 攻撃時に逆理を使うとすれば、防御にも逆理を使うとなればかなり逆理の消費が激しい。
 無視してしまうか、攻撃時に相手逆理ロジック定義するよう誘導すると良い。

 難点は戦術を多く積まなければならないことと、対象が聡明?メンバーのみであるため構築が縛られること。
 聡明?を持つメンバーは、現在玉姫?ジークハルト?のみであり、自身の対応逆理である《竜を抱く雲海》メンバーしか強化しないのでジークハルト?にとってはイマイチ勝手が悪い。
 玉姫?を主とする形で構築することになるだろう。

関連カード 節を編集

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

タグ: