【ライブラリアウト】 節を編集

デッキの概要 節を編集

 相手山札を2回使い切らせて、ゲームに勝利する事を目的としたデッキ
 通常のデッキと比べてかなり異質な動きをするので、相手を惑わす事ができる。
 また、相手の内容に勝敗があまり左右されないのも特徴。

デッキ構築に際して 節を編集

レベル4のメンバーについて 節を編集

レベル3のメンバーについて 節を編集

レベル2のメンバーについて 節を編集

レベル1のメンバーについて 節を編集

 レベル1帯は、合体事故を軽減するため、超定理者を軸として採用される。
 また、除去に旧先鋒が必要なので、その中から4枚程採用する。

戦術について 節を編集

逆理について 節を編集

 このデッキにおいて、逆理プレイ条件を満たすために使う。
 そのため、山札合理体ワールドに合った逆理を採用するとよい。

について 節を編集

 こちらが山札切れにならないように、山札を消費する枚数が少ないを採用する。

マイロジカリストについて 節を編集

回し方 節を編集

 相手山札を削る事を常に念頭に置いて戦う。
 そのため、まずは相手リフレッシュさせるように動く。
 また、破壊する必要は無いため、破壊せず、終盤まで先鋒を駆使して、をコントロールする。
 また、キルターンを1ターンずらすことは、相手山札を3枚以上削ることでもある、という事も理解しておきたい。
 また、4回攻撃できるならば、先鋒サークルを4つがら空きにできるので、そのターン中に4枚破壊し、次のターン《車内でのラクロジ うんね/あど/らいぶ》で押し切る事で、相手ロジック定義をさせずに勝つこともできる。
 そのため、こちらのリフレッシュで戻すカードが重要になる。
 破壊によって勝つなら、リミットロジック戦術ロジックは戻さないように心掛け、ライブラリアウトで勝つなら、逆に上記のロジックドロップしておきたい。

関連リンク 節を編集