【学】 節を編集

デッキの概要 節を編集

 定理者?」を主軸としたデッキ
 ドロー手札を蓄えたり、手札を入れ替えたりする事を基本戦法とする。

デッキ構築に際して 節を編集

レベル5のメンバーについて 節を編集

レベル4のメンバーについて 節を編集

レベル3のメンバーについて 節を編集

レベル2のメンバーについて 節を編集

  • 《星を纏う 学》
     手札1枚をドロップの星か冥をサルベージできる。
     合体事故を

レベル1のメンバーについて 節を編集

定理者

使者

戦術について 節を編集

逆理について 節を編集

について 節を編集

マイロジカリストについて 節を編集

戦術 節を編集

《神気のオーバートランス 学》 節を編集

 オーバートランスユニオン《神気のオーバートランス 学》を採用した型。
 先攻であれば貫通要員として機能し、後攻であれば防御フィニッシャーを兼ねられる。
 前列ソウル持ちで守られると、貫通が成功しないので、必ず前列中央の破壊し、ソウル持ちを相手に残さないように倒していきたい。
 代わりに、《実弾演習 学》合体に使いにくくなるので、その分《輝き落ちる流星》《禁じられた口寄せ 学》などを序盤から積極的に使っていきたい。
 テリトリー2が邪魔にならないよう、前列に置く等して、攻撃を誘導したい。
 

《月下の大弓 葵》採用型 節を編集

 テリトリー2の貫通を採用しているため、先攻に強い。
 先攻であれば、最終ターンに向けて、《輝き落ちる流星》《空と海と 学》《実弾演習 学》を駆使して手札を揃える。
 4ターン目は、《月下の大弓 葵》合体するため、最終ターンは、《月下の大弓 葵》?フィニッシャーで攻めることになる。
 後攻であれば、盟約をより多く使えるので、手札を稼ぎやすい。
 相手攻撃を乗り切れるように、手札を整えたい。

オーバートランス非採用型学単 節を編集

 扱いの難しいオーバートランスを採用しない?単構築。
 貫通が存在しないので、のように手札を稼いで、戦術を駆使して守る構築になる。
 防御に向けて、ひたすら手札の質を上げる事を目指す。
 盟約の使用に不自由が無いので、積極的に活用したい。

関連リンク 節を編集