【葵】 節を編集

デッキの概要 節を編集

 定理者?」を主軸としたデッキ
 リミット増加と手札操作、山札操作を得意とする。
 でありながら、パワー上昇する能力が多いので、パワー勝負オーラ勝負のどちらでも戦える。
 また、?能力ドローする事で誘発する能力が多いため、それらを組み合わせて戦うコンボデッキでもある。

デッキ構築に際して 節を編集

レベル4のメンバーについて 節を編集

レベル3のメンバーについて 節を編集

レベル2のメンバーについて 節を編集

レベル1のメンバーについて 節を編集

定理者

使者

戦術について 節を編集

逆理について 節を編集

について 節を編集

マイロジカリストについて 節を編集

回し方 節を編集

 手札定理者使者レベル2の合理体が各1~2枚くらい手札に来るようにマリガンしたい。
 手札先鋒があれば、後攻2ターン目もしくは先攻3ターン目に使い、2枚を破壊したい。
 序盤から《豪然たる射手 葵》ドローできれば、手札に余裕ができるので、積極的に合体していきたい。
 各種能力を駆使して、相手キルターン防御し切る手札、もしくは、こちらのキルターンで攻め切る手札を整えて、勝負を制する。

デッキの種類 節を編集

パワー上昇特化型 節を編集

 ドローする能力を駆使して、《超重破砕 葵》《エクシードブラスター 葵》を大幅に強化するデッキ
 また、ひなろじ?環境から、メンバーを繰り返し出撃するギミックを獲得した。

《後援の一矢 葵》 節を編集

 ドロップ山札に戻す《後援の一矢 葵》を主軸にし、理想の手札で勝負を制するデッキ
 《後援の一矢 葵》で必要なカードのみを山札に戻し、キルターンで最高の手札で攻め込む。
 山札の順番まで操作できるので、手札だけでなく、レベルブーストで引くカードや、能力バトル領域に置くカードも決定できる。
 ただし、それを行うためには、山札の順番を完璧に操作し切る程の計画力と記憶力が必要なので、やや扱いが難しい。

デッキの派生 節を編集

【学葵】 節を編集

 【葵】に《輝き落ちる流星》と、その条件となる?を採用して、ハンド・アドバンテージをより稼ぐデッキ
 定理者名称が2種類になると、盟約を狙いにくくなるのが普通であるが、手札を頻繁に補充、入れ替えるため、盟約を狙うことはそれほど難しくない。
 《豪然たる射手 葵》能力でキーパーツを揃えることになるため、2ターン目から合体して出撃していくこともある。

【デュアル神楽】 節を編集

 ロジックドライブプレイした《降臨の神楽 学》《デュアルコレダー 縁》を用いて2回攻撃して、キルターンロジック定義を制するデッキ
 上記の状況を作るために、【葵】のギミックを利用する。
 まず、先攻4ターン目に、以下の状況をつくる。
 手札《後援の一矢 葵》《新たな覚悟 葵》?盟約者定理者使者1セット、手札《降臨の神楽 学》《レインボーメロディ アシュリー》ドロップ領域《デュアルコレダー 縁》カード2枚

  1. 《新たな覚悟 葵》盟約者合体?合理体出撃し、《新たな覚悟 葵》盟約を解決する。
  2. 《後援の一矢 葵》能力で、《デュアルコレダー 縁》を1回目に戻し、2、3回目でカード2枚を戻す。
  3. 先攻5ターン目に、合体山札確認せず《降臨の神楽 学》出撃し、ロジックドライブプレイ
  4. 《レインボーメロディ アシュリー》出撃し、バトルフェイズに移行。
  5. 《降臨の神楽 学》攻撃し、《レインボーメロディ アシュリー》効果《デュアルコレダー 縁》バトル領域に置くまでロジック定義
  6. 《デュアルコレダー 縁》の下2枚はカードなので、能力《降臨の神楽 学》スタンドできる状態になる。
  7. バトルに勝ち、スタンドした《降臨の神楽 学》で再び攻撃

代表的なカード 節を編集

関連リンク 節を編集