ルール 節を編集

※公式サイト及びラクロジマガジンVol.0及びクイックマニュアルVer1.1から出来るだけ分かりやすくまとめて記載しています。
※ラクロジマガジンVol.0は先行体験会にて無料配布されたものです。
※クイックマニュアルVer1.1はwebで公開されています。

※公式ルールはwebで公開されています。ゲームの流れをほぼ網羅しているので一読してください
http://luck-and-logic.com/wordpress/wp-content/uploads/ll_rulebook_0205.pdf

デッキ構築ルール 節を編集

"ぴったり"と書かれている場合、その枚数を下回っても超えてもいけません。

※1.メインデッキ門デッキは、ワールド属性による構築の縛りはありません。
※2.合体するしないにかかわらず合理体出撃時には、レベル領域にそのメンバーと同じワールドが置かれている必要があります
※3.カード能力による出撃は※2に関係なく自由に行なえます。

勝利条件 節を編集

相手破壊していき、6つの全てを破壊したら勝利!

相手リムーブ領域に、メインデッキカード向きに2枚置かれた場合も、勝利となります。

ゲームの準備 節を編集

コストの支払い方 節を編集

リフレッシュ(山札切れ) 節を編集

デッキからカードを引けなくなった場合、ドロップ領域カードシャッフルして新たな山札として積みます。
この時、デッキトップからカードを1枚、リムーブ領域向きに置きます。
リムーブ領域メインデッキカードが2枚になった時点で敗北します。

効果プレイ中に山札が切れたとき 節を編集

2枚以上何らかの能力で引かなければならない、もしくはドローフェイズで引こうとしたが山札が1枚しかない等、山札が足りなくなった時は、

  1. プレイ中の能力を一時停止し、即座にリフレッシュ(ドロップ領域カードシャッフル山札にする)を行います。
  2. 山札を置いた後、残りの能力を解決します
  3. リフレッシュのペナルティである「リムーブ領域カードを1枚置く」はプレイ中の能力効果が終了した後に行います。

メンバーパワー0以下になってもドロップしない 節を編集

他のTCGとは大きく異なり、パワーはマイナス値も蓄積され続けますが、ドロップすることはありません。
能力もそのまま使えますし、バトル防御も行えます。

ゲームの流れ 節を編集

スタンドフェイズ 節を編集

このターンプレイヤーは、マイロジカリストを除いたレスト(横向き)のカードスタンド(縦)にします。
マイロジカリストカードは、レストしていてもスタンドしません。

ドローフェイズ 節を編集

レベルフェイズ 節を編集

レベル領域カードが4枚になっている時 節を編集

メインフェイズ 節を編集

このフェイズで行えることは好きな順番で、可能な限り繰り返して行えます。
特に書いていないかぎり、すべてあなたターンでのみ行える行動です。

メンバー出撃 節を編集

手札からメンバーサークルに置くことができます。
出撃できるカードは、そのカードレベルあなたレベル領域にあるカードの枚数と同じかそれ以下である必要があります。
コストが必要な際はそれを決められた分だけストック領域から支払います。
合理体出撃させる時はレベルに加えてレベル領域に同じ、またはワールドカードが置かれている必要があります。
合体せずにそのまま出撃した場合はロジックドライブが使えません。
カード能力によってメンバー出撃する場合、レベル領域カードの枚数や、ワールドに関係なく出撃可能です。
レベル領域カードの枚数と1ターンプレイできるカードの枚数は関係ありません。

メンバーの移動・並び替え 節を編集

テリトリー制限を守るなら、メンバーは移動することができます。
そのとき、レストスタンドやその他の状態を保持したままとなります。

  • 同時に入れ替える事もできるので、サークルがすべて埋まっていても移動する事ができます。

メンバードロップする。 節を編集

メンバーが置かれているサークルの上にメンバー出撃させた場合に限り、元々いたメンバードロップします。

トランス(合体)する 節を編集

1ターンに一度だけ合体を宣言して合理体になることができます。
必要な定理者使者サークルに存在している必要があります。
このターンレベル以下の合理体手札または山札から探して出撃します。

山札確認した場合は、合理体出撃したかどうかに関わらず、必ずシャッフルを行って下さい。

ラックドライブを行う 節を編集

ストックを3枚ドロップ領域に置くことで、山札から1枚ドローできます。
これはストックが続く限り、好きなだけ繰り返せます。

ロジックドライブプレイする 節を編集

合理体が持つ特殊能力のことです。
1ターンに1回しか使えません。
これは合理体が複数いても合計で1回です。
ただし、ソウルがない合理体は、ロジックドライブを行えません。

メンバー起動能力を使う 節を編集

に出ているメンバーカードに【起】がある場合、それをコストを支払って使うことができます。
これはあなたターンにのみ可能です。

メンバー自動能力を使う 節を編集

に出ているメンバーカードに、条件を満たした【自】がある場合、コストを支払ってプレイできます。
これは条件を満たすなら、相手ターン中でもプレイ可能です。

[バトルフェイズ]] 節を編集

レベル領域にある向きのカードの枚数を数え、その数だけバトルを行うことができます。

攻撃宣言ステップ 節を編集

メンバー1体をレストし、相手サークルを指定します。
そのメンバー出撃されてなければ破壊し、向きにできます。

インターセプトステップ 節を編集

攻撃を受けた側は、指定されたサークル以外のサークルから、
[IC]というアイコンを持つメンバーを、インターセプト領域に呼び出してインターセプトを行えます。
メンバー同士のバトルが発生しなければインターセプトは行えません。
レスト状態のメンバーインターセプトに参加できます。
このインターセプト領域サークルにいるメンバーの力を合わせて、を守ります。

インターセプトの回数に上限はありません。
任意の回数行えます。
ただし、インターセプトに使われたメンバーは、バトル終了後にドロップします。

ロジック定義ステップ 節を編集

手札からロジックを持つカードバトル領域に置くことで、メンバーのステータスを上昇させる事ができます。
レベルブーストをしてロジック定義を行うことも可能です。
最初にロジック定義できるのは、攻撃された防御側のプレイヤーです。

勝敗判定ステップ 節を編集

バトル終了ステップ 節を編集

ロジック定義で使われたバトル領域にあるカードインターセプトとして使ったメンバーを全てドロップ領域に置きます。
ただし、向きの逆理だけは逆理領域に置き、ターン中は逆理法則能力が継続します。
(この時に向きとなっている逆理ドロップ領域に置きます)。
バトル回数が残っていて、かつメンバー攻撃可能の場合、続けて攻撃宣言することができます。

エンドフェイズ 節を編集

逆理領域に置いてあるカードドロップ領域に置きます。
その後、相手ターンが移り相手スタンドフェイズに移行します。

関連リンク 節を編集